メインビジュアル メインビジュアル

キャリアパス

金融ITの豊富な知識と実績を持つエフで10年経験を積めば、
大手でも海外でも通用する世界レベルのエンジニアに成長できます。
入社後のキャリアパスイメージとして、昇進につながる評価要素や育成方針、
得られるスキルについてご紹介します。

エフのキャリアパス

希望と適性に合わせて

Associate

Associate

矢印 矢印
SeniorAssociate

Senior
Associate

矢印 矢印

管理職コース

複数のプロジェクトを平行してマネジメント
チーム全体の成功の要

Manager

矢印

General
Manager

専門職コース

優れた技能・知識を武器に
当社の付加価値を創造するエキスパート

Expert

矢印

Senior
Expert

矢印 矢印
Director

Director

昇進につながる人事評価要素

人事評価3つの要素

【1】能力評価 【1】能力評価

【1】能力評価

プラス
【2】情意評価 【2】情意評価

【2】情意評価

プラス
【3】成果評価 【3】成果評価

【3】成果評価

イコール
人事評価
イコール
人事評価

評価の際に、一方的にならないよう、本人との面談には時間をかけるようにしています。また、キャリアパスについても「マネジメントクラスに昇進したい」「昇格はほどほどに、サポートに徹したい」など、個人の理想とする働き方を尊重し、希望と適性に合わせて選択できます。実力さえあれば昇進できる評価制度と充実した教育制度を導入しているため、自分の希望を通しやすい環境です。

育成・実践を踏まえた能力評価

IT × 金融 × HS = エフの専門性

proficiency

どれかひとつに突出するのではなく、これら3つの能力をバランスよく持つのが理想です。IT・金融両方のスキルはもちろんのこと、クライアントとも良好なコミュニケーションを図れるヒューマンスキルを兼ね備えた人材が、現場で高く評価され活躍しています。