メインビジュアル

エフブログ

日付2019-06-14
カテゴリーその他いろいろ

労働環境について

こんにちは。
コーポレートサービス部の黒田です。

先日、茅ヶ崎までドライブをしましたが、
車中にいても、汗ばむくらいの気温でした。
暑いのはあまり好きではありませんが、
夏を間近に控えたこの時期は、なんだかワクワクしますね!

さて、本日は当社の労働環境について、
その中でも「残業時間」「有給取得」に絞ってお話しをさせていただきます。

まず、2017年度と2018年度の実績を数値化したものが以下のとおりです。

――――――――――――――――――――――
<2017年度>

■平均残業時間:12.4時間

■有給休暇取得率:80.9%

■平均有給休暇取得日数:12.8

――――――――――――――――――――――
<2018年度>

■平均残業時間:9.6時間

■有給休暇取得率:82.15%

■平均有給休暇取得日数:14.3

――――――――――――――――――――――

数値を見ていただくとわかると思いますが、
2017年度も決して悪くはないのですが、
2018年度は、「平均残業時間」「有休取得率」「有給取得日数」すべてが、
前年を上回る結果となりました。

年々変動はあるものの、確実に良い方向へと進んでいます。

部署や職位に応じて業務量が異なりますが、
全体を通じてこのような良い結果を得ることができたのは、
残業を推奨しない代表の想いが、
効率のよい働き方として、社員に根付いてきている証ではないでしょうか。

働きやすい環境が整っているからこそ、
社員はそれぞれのプライベートを充実させることができ、
また、自己啓発の時間に費やすこともできます。
それらが業務への活力となり、良いサイクルが回せているのではないかと思います!!

******

最近、ニュース等で耳にした方も多いと思いますが、
有給の5日取得が義務化されましたね。

この法律を皮切りに、有給を取得しやすい職場が増え、
社会全体で向上していけたら…と切に願っております。