メインビジュアル

エフブログ

日付2019-05-23
カテゴリーその他いろいろ

趣味に時間をつぎ込む話

こんにちは、FE第3部でエンジニアを務めているNです。
今回は、プライベートの時間を確保したエンジニアの研究魂を紹介したいと思います!

システムでも裁縫でも料理でも、何か「物を作る」ことが好きで、ここ数年はお菓子作り、とりわけマカロンづくりにハマっております。
そんなわけで、今日は私の趣味の一つであるマカロン作りについて素人なりに語ってみようと思います。
きっかけは数年前、「数年ぶりにバレンタインは手作りスイーツにしよう」と思い立ち、難易度が高いと聞くマカロンへの挑戦を決めたことが始まりでした。

マカロンづくりの面白いところは、材料の量を守るだけではマカロンにならないところです。
マカロンは、メレンゲと砂糖、アーモンドパウダーのみで作りますが、同じ分量でも作業のやり方によってこんな風に焼き上がりに違いが出ます。

マカロンをきれいに作るには、適切な分量だけでなく
・作業テクニック
・タイミングの見極め
・使用するオーブンの熟練度        が必要なのです!!

初めて作った時はマカロンにすることができず、ただの「メレンゲ焼き」になってしまいました。
レシピを変え、ようやくマカロン風のものができたのがこちら。

味は悪くなかったのですが、不格好なマカロンです。
それでも、当時の私にとっては写真に残すほど良い出来だったのです!!

ここから私の探求は始まりました。
自分の好みの味、食感、形を模索して、帰宅後マカロンを焼く日々。
フリフリの部分をピエと呼ぶのですが、このピエはどういう理屈で出来るのか。
自分好みの味や形にするには?食感をよくするには??
理屈を調べ、分量や混ぜ方を変え、オーブンの温度、焼き時間を研究しました。
まるで、システムのバグを調べるかのようにトライアル&エラーです。
このあたりは、エンジニア魂が生かされたと思います。

そうこうして、理想を目指して焼き続けた現在のマカロンがコチラ。

改元祝いに紅白で焼いたのですが、二色だと寂しく見えたので抹茶味の緑も追加したところ、意図せず三色団子カラーになってしまいました。。。
マカロンは挟むものによっても味が変わるのが楽しいですね。今回はチーズのクリーム、苺バター、抹茶ガナッシュです。

まだまだ納得のいくマカロンには遠く、修行が足りません。
マカロンは些細なことが仕上がりに大きく影響します。写真のマカロンも、反省点がたくさんあります。
けれど、あくなき探求心と不屈の心をもって、今日も理想のマカロンを目指し焼き続けるのです!

以上、会社とは全然関係ない話を熱く語る女、Nでした!!